FIPとは何ですか?


FIPはネココロナウイルス(FCOV)によって引き起こされます。猫の90%がFCOVを持っていると推定されています。飼い猫と野外猫に見られます。通常、FCOVは有害ではありません。しかし、ネココロナウイルス(FCOV)がネコ伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)に変異すると、致命的になります。突然変異の正確な引き金はまだ研究中です。一般的な観察は、ストレスと低免疫がしばしば突然変異の発症を引き起こすことを示しています。純血種は、混血種よりも突然変異を起こしやすい傾向があります。 FIPVはすべての年齢の猫で発生する可能性があります。 FIPV感染には、WETとDRYの2つの形態があります。 WETフォームの症状は、このブログに示されているように胃が膨らんでいるため、より簡単に識別できます。膨らみは、腹部と胸部に液体がたまることによって引き起こされます。 WETの形態は通常早期に特定されるため、GS-441524で治療された猫の生存率は非常に高くなります。対照的に、DRYフォームは特定するのがはるかに難しく、その結果、より多くの死を引き起こします。 DRYフォームでは、液体の蓄積はありません。代わりに、病変は猫の臓器に発生します。正確な診断は、FIPウイルスがすでに目の奥に入って失明を引き起こしたり、さらに悪いことに脳に侵入して麻痺や発作を起こした後期段階で行われることがよくあります。 DRYフォームは非常に危険であり、適切な血液検査なしで除外すべきではありません(「テスト」ブログに記載されています)。 最近の治療法の進歩の前は、FIPVはほとんど常に致命的でした(死亡率90%以上)。 GC-376の発見、そして後にはより効果的なGS-441524の発見により、FIPVは治療可能な病気になりました。 GS-441524は最も効果的な治療法であり、早期に治療した場合の生存率は80%を超え、再発率は18%未満です。継続的な研究により、いつかFIPVが風邪のように簡単に治療されることを願っています。

Website: curefip.com Facebook: https://www.facebook.com/fipcure

9 views

Recent Posts

See All

なぜ20mg / ml GS-441524製剤?

我々は特別に以下の3つの状況のために20mg /ml GS-441524を処方した。 #1理由:再発! 猫がFIPウイルスと戦って勝ったように見えたその恐ろしい出来事は、数週間または数ヶ月後にそれに犠牲になっただけです。 再発はすべてのブランドに起こります。 再発例の中には、使用されるGSの品質が悪いことが原因であるものもあります。 他の不適切な投与量によるものです。. そしてもちろん、私たちが制

QUICK LINKS

FOLLOW US

PAYMENTS

  • YouTube