FIPの診断は簡単ですか?

Updated: Jun 5


FIP感染には、WET形式とDRY形式の2つの形式があります。湿った形はより簡単に識別できます。胸部および胃部の内部に水分がたまると、腹部が腫れます。胃から液体を抜き取り、抗体を検査することにより、FIP感染の「湿った」形態を検査および確認することは比較的簡単です。 「ウェット」フォームの猫は、通常、「ドライ」フォームよりも早く診断および治療されます。したがって、FIPがGS-441524で適時に処理されると、「ウェット」フォームの回復率が高くなります。 対照的に、FIPの「乾燥した」形態は、感染の初期および中期段階で検出するのが困難な場合があります。 「ドライ」フォームは、ウイルスが目の後ろに到達して失明を引き起こしたり、脳が麻痺を引き起こしたりする感染の後期まで、外見上の症状を示さないことがよくあります。外見上の症状の発症も突然である可能性があります。飼い主の何人かは、ある日、散歩中に猫が倒れたと報告しました。 GSトリートメントは、「ウェット」フォームと比較して平均して遅く始まります。その結果、「ウェット」フォームと比較した場合、成功率は低くなります。 医者を訪れた後、相反する診断を受けた猫の飼い主がたくさんいます。 2人の医師、1人はFIP、もう1人はそうではないと言った。未確定の診断の場合、所有者にGS-441524のバイアル2本を購入して、試験治療を実施することをお勧めします。 GS-441524は、既知の合併症を引き起こさない抗ウイルス治療薬であり、他の薬剤と一緒に投与できます。 FIPに感染した猫は、早期に治療すると、通常は治療の最初の1週間以内に、身体的改善の明確かつ即時の兆候を示します。 2バイアルの価格で、FIP感染の可能性を確認または排除できます。 猫がFIPウイルスに感染していると思われる場合、最も正確な診断を提供する2つの検査、血液検査とリバルタ検査があります。ほとんどの現代動物クリニックでは、これら2つのテストのいずれかを実施できます。以前にFIPの症例に遭遇したことがある訓練された獣医師は、検査結果に基づいて正しい診断を提供する場合があります。 Website: curefip.com Facebook: https://www.facebook.com/fipcure


0 views