FIPウイルス感染からの迅速な回復のためのビタミンとサプリメント


GS-441524はネコ伝染性腹膜炎ウイルス感染症(FIP)の非常に効果的な治療法です。ただし、コロナウイルスによって引き起こされる内臓の損傷やその他の合併症は治療しません。前の記事で述べたように、肝臓と腎臓はFIPVの影響を大きく受けることが多く、完全かつ確実な回復を確実にするために、治療中および治療後にケアする必要があります。猫の全体的な健康を高めるために、回復プロセス中に必要に応じてビタミンやサプリメントを投与することをお勧めします。 GS-441524を下記のビタミンおよびサプリメントと組み合わせると、既知の有害な副作用はありません。治療を決定する前に獣医に相談してください。 ビタミン ビタミンB12:非常に安全に投与でき、猫に毎週B12皮下注射を行って、貧血と戦い、免疫系をサポートすることができます。 毎日のビタミンサポートは、Pet Tinicなどで提供できます。 B12は通常、肉、肝臓、魚、卵などの動物由来の食品に由来します。ほとんどの市販のキャットフードは、健康な猫の毎日のB12要件をカバーしています。ただし、FIPに苦しんでいる猫は、蓄えがすぐになくなり、補充が必要になります。 B12は、赤血球の発達と維持を促進します。 B12は神経系の完全性を維持します(神経細胞と正常な髄鞘形成–神経終末を覆い保護する脂肪鞘)。それは神経と認知機能に不可欠です。 B12は、食物の適切な消化と吸収、ならびに炭水化物と脂肪の代謝のために腸を健康に保ちます。 サプリメント ガバペンチン:注射の60〜90分前に経口投与できる軽度の鎮痛剤。適切に投与された場合、これはあなたの猫をサッとさせたり過度に鎮静させたままにすることなく、注射の端を取り去ります。 CBDオイル:一部の所有者は、CBDオイルが痛み、こわばり、不安、さらには発作さえも緩和するのに役立つことを発見しました。それはまたあなたの子猫が食べ続けるのを助ける食欲刺激剤として働きます。 CBDオイルは緩和治療のオプションで使用でき、GS441注射でFIPを治療することを選択した場合、軽度の鎮静剤としても機能します。 CBDを使用する場合は、獣医品質のオイルである必要があり、投与量について獣医に相談する必要があります。間違った製品または投与量は、善よりも害を及ぼす可能性があります! ヘンプオイル:上記のCBDオイルの代わりに使用できます。 リドカインクリーム:GS441注射の30分前に猫の皮膚に塗布すると、薬の痛みを軽減できます。アロエは猫に非常に有毒なので、アロエを含まないクリームを使用することを確認してください。 ツルツルのニレの樹皮:ツルツルのニレの樹皮シロップは、吐き気、嘔吐、その他の病気の治療のためのすべての自然療法です。 デナマリン:デナマリンタブレットは、抗酸化物質のレベルを上げる猫用の肝臓サプリメントです。 シリマリン(ミルクシスル):肝臓をサポートして保護する能力で知られているこの天然サプリメントで、猫の肝臓機能を高めます。 GS411524でFIPを治療する場合、最大の肝臓サポートを提供するために、猫にデナミンまたはシリマリンを与えることをお勧めします。

Website: curefip.com Facebook: https://www.facebook.com/fipcure

24 views

Recent Posts

See All

なぜ20mg / ml GS-441524製剤?

我々は特別に以下の3つの状況のために20mg /ml GS-441524を処方した。 #1理由:再発! 猫がFIPウイルスと戦って勝ったように見えたその恐ろしい出来事は、数週間または数ヶ月後にそれに犠牲になっただけです。 再発はすべてのブランドに起こります。 再発例の中には、使用されるGSの品質が悪いことが原因であるものもあります。 他の不適切な投与量によるものです。. そしてもちろん、私たちが制

QUICK LINKS

FOLLOW US

PAYMENTS

  • YouTube